平成30年度10月例会 担当:経営理念委員会
 
「経営理念がもたらす効果とは」
 
平成30年10月29日(月)18:30よりホテルイルグランデ梅田にて、10月例会を開催しました。
今回、有限会社 エム・カンパニー 代表取締役 松木 克浩氏を講師に迎えて、
『経営理念がもたらす効果とは』
というテーマでご講演をいただきました。
 
松木レクチャラーは、21歳の時にアルバイト先の社長に憧れ、社長になることを夢見て独立起業、中古トラック一台で運送業をはじめ順調に取引が増えることで、運送業の認可を受けることを決意、しかしそのための条件を満たすことに苦心し、周囲からの支援を得て運送業の認可を取得、さらに飛躍をしていった歴史を語られました。
しかし、業績が上がる一方で社員さんの離職率が増加し、経営の先が見えない状況の中で、日創研の学びに出会い、周囲の先輩方から引き揚げられながら学び続け、幹部とともに理念体系を練り上げることで、「理念がまず先にあり、そこから経営ビジョンが見えてくる」と力説されておられました。
松木レクチャラーは、経営ビジョンを実現していくことで社員さんと共に会社の社風を良くしていき、いまでは「物流センター」、「販売」、「外食」、「畜産」といった柱を作り上げ、単なる運送業ではなく、食肉業界における、生産から物流までの一気通貫した商流を作り上げ、圧倒的な競争優位性を持ったビジネスモデル構築を目指しておられます。
また、幹部、社員さん、社員さんのご家族、そしてご自身の奥さまやお子さん、皆への感謝とその幸せを願う、経営者としての生きざまも語られました。
すべては、経営理念が先にあり、その先にこれらの効果があるという素晴らしい講演でした。
 
講演終了後は、高橋副会長から謝辞、上田会員からは記念品の贈呈がありました。
永田事務局長からは、出席率が80%を超えた委員会への表彰が行われ、今回は経営理念委員会が表彰されました。
また、石橋会長により、新入会員さんの入会認証式も行われました。
 
例会後の懇談会では、お弁当を食べながら講師の松木レクチャラーと鈴木昭彦会員による対談や質疑応答を行いました。