top_banner.png

日創研大阪経営研究会 事務局
〒530-0035 大阪市北区同心2丁目1番26号

  • Facebook Social Icon

Copyright © 2019 日創研大阪経営研究会 All Rights Reserved.

共に学ぶ会員企業紹介

​上加世田 みほ
株式会社Copia​ 代表取締役
オーダースーツ販売
お客様に心がウキウキするような、幸せを感じてほしい

​入会から間もないながらも大阪経営研究会で積極的に学んでおられる上加世田みほさんは、おしゃれを通じて「お客様に心がウキウキするような、幸せを感じてほしい」という想いをもって、オーダースーツの販売を通じてお客様に「おしゃれをする喜び​」を提供しておられます。

今回は、上加世田さんが、どのような想いをもって起業したのか、いままで学んできたこと、大阪経営研究会に出会ってからの気づき、そして、将来の会社の未来像についてお話を伺いました。

友人から「会社を作りますか?」と問われたことで、独立を意識しました

―これまでの活動や起業したきっかけを教えてください

もともとは、小さいアパレル会社でパタンナーとして仕事をしておりました。商社に転職し、その後、独立しました。
女性向けを得意としていたのですが、男性向けスーツの問い合わせが増えてきたこともあり4年前に法人化しました。
現在では、男性ものはスーツ・シャツ・ネクタイのコーディネートから販売、女性ものはビジネススーツの他、フルオーダー商品も扱っております。

起業したきっかけは、コンサルタントをしている友人に夢を語ったのがきっかけです。
そのころ、知り合いからの依頼で、趣味の延長程度にショッピング袋やバッグを製作しておりました。
その友人から「会社を作りますか?」と問われたことで、独立を意識しました。
当時は、100名以上が働く商社で社員をしておりました。
なので、法人を設立した当初は1年間、会社に勤務しながら、副業的に定時で退社した後に別の仕事をしておりました。
やがて、体力的に続かなくなり、今の会社の仕事と、これからやりたい仕事のどちらを取るかの選択を迫られました。
会社の仕事は安定収入がある代わりにお客様の顔が見えない、一方、やりたい仕事での収入はまだない状態。
私には、家のローンなどお金も必要でした。
だから、会社の上司に無理を承知で相談して、会社で与えられた仕事はすべてきちんとこなす代わりに、週三日勤務にしていただき、やりたい仕事と並行しました。そして、だんだんと本業へとシフトしていきました。

お客様の一言一言に耳を傾けることに徹します

―現在は、どのような業態なのですか?

私は、もともと女性向けを専門としておりましたので、男性向けのものは、他の職人さんに委託しているものもあります。
女性向けのものは、私が型紙から縫製まで行うこともあります。
また、パーソナルカラー診断やカウンセラーの資格をもっておりますので、お客様の好みやお似合いになる色の服選びには自信があります。やはり、お客様からの信用があるからこそ、似合う服を勧められると思います。
ヒアリングする際には、「お客様がどんな服が着たいのか?」「どういった好みか?」お客様の一言一言に耳を傾けることに徹します。
お客様が直接好みを語られることは少ないので、雑談から引き出していきますね。

話の内容によって変化するお客様の感情から、言葉にならない想いも感じ取るようにして参考にしています。
採寸の際にも、型にはまったマニュアルに頼らずに、お客様の好みや、お客様のライフスタイル、お客様が服を着られる姿をイメージして、体の形を捉えます。
そうすることで、私の心からの「お客様に幸せになってほしい」「気持ちよく服を着てほしい」という想いが入ります。

「今の私にとって必要な内容であり知識だな」と思いました

―これまでは、どのような学びをされてきましたか?

私、学ぶのが好きなんです!(笑)学ぶのが趣味っといってもいいですね。
過去には、英会話、料理、フラメンコ、なんでも習っていました。
そして、しんどくてどん底だった時に心の勉強もしました。
その時、とある心理学の学びに出会い、元気を取り戻して、仲間も増えました。
仕事にも前向きに取り組み没頭する中で、独立して一年後の2016年に倫理法人会と出会いました。
倫理を知ったきっかけは、マインドフルネスを学んだときに、紹介者の方に出会い、倫理を進められたのがきっかけです

―大阪経営研究会に出会ったきっかけは?

倫理をとおして、先祖へ感謝し、人に支えられて生きていることへの感謝を忘れないように学んできました。
そして、今の自分はこのまま楽しく生きていければよいと思っていた時もあったのですが、「私は何のために会社を作ったのか?」「社会に貢献したい」「私の会社を組織にしていきたい…」そういった想いが芽生えてきました。
その想いを言葉に発していくうちに、倫理法人会でお世話になっていて、大阪経営研究会でも活動されている鈴木昭彦さんに相談したのがきっかけでした。
鈴木さんに「もっと経営の事を勉強できる場で学んで見たほうがいいよ」と言われて、大阪経営研究会の例会に誘われたので、すぐに入会を決意しました。
例会に参加してみて、講師の話している内容が、わかりやすくて実践的だなと感じました。
よくある経営コンサルタントの話とは違って、「今の私にとって必要な内容であり知識だな」と思いました。
大阪経営研究会は「ここなら、学べる!」と思える場、大阪経営研究会の諸先輩方に接して「私も、こんな経営者になりたい!」と思えました。
 

「いままでの自分プラスアルファ」の学びをしています

―最近、日創研の可能思考研修にも参加されましたね。参加してみていかがでしたか?

はい。私は、いままでこういった研修には興味がなかったんです。

有名な講師がやっているセミナーと一緒かなとか、インターネットでいろいろと評判をみてもいました。
でも、人から聞いた評価を真に受けるのではなく、自分の目で確かめたいという思いから、日創研のSA研修を受講しました。
受講してみて感じたことは、聞いていたよその研修にはない素晴らしさがあると感じました。
あらためて、「私に関わっていただいているすべての人への感謝」「人として大切なこと」に気づくことができました。
よその研修と違うのは、講師を務めていただいた田舞さんの受講生への「愛」があるからだと思います。
それから、すぐにSC研修へと進み、12月にPSV研修も修了しました。
SA、SCで総リーダー、PSV研修では総サブリーダーの役を任せていただき、「いままでの自分プラスアルファ」の学びをしています。
いままでの自分にとっての苦手に向き合い、仲間のためを想って厳しいことも言えるようになりました。

事業を育て、社員さんを育て、笑顔があふれる会社にしたいですね

―では、これからどのように会社を経営していきたいですか?

お客様に心がウキウキするような、幸せや豊かさをを感じてほしいというのが私のスタートでした。
「好き」と「似合う」は違うんですよね。おしゃれって、自分の心を変えるのと共に、周囲に対するマナーや心遣いも大切なんです。
そのために「おしゃれ」「身だしなみ」は必要と気づいていただけたらと思います。
あと、人って「おしゃれをしたら人にも話したくなる」じゃないですか。

そこに、人と人のコミュニケーションが生まれ、職場やご家庭の空気も良くなっていきます。
お客様が周りから「素敵!」「カッコいい!」と言われて、お客様もその周囲も明るく笑顔になる、そんなお手伝いができたら最高です。
いつでもお洒落を大切にするライフスタイルをご提案し、お客様の価値を引き立てるコーディネートで、お一人おひとりに合う「最幸のおしゃれ」を提供する。それが私の会社の将来像です。
そして、事業を育て、社員さんを育て、笑顔があふれる会社にしたいですね。
最近、私の「周囲に集まってくる人の質」が変化してきたな、と本当に実感しております。応援してくれる人がいるから学べるんです。

支えてくださる人に喜んでいただけるよう、これからも学び続けて成長します!

​―ありがとうございました。​
 

今回、上加世田さんからお話をお伺いして、日頃の仕事に対する姿勢と学びに対する熱心さがとても伝わってきました。

​上加世田さんの今後のご活躍を期待しております!
 

会員企業情報​

 

株式会社Copia​

所在地   大阪市天王寺区

WEBサイト https://www.copia2014.jp/about