top_banner.png

日創研大阪経営研究会 事務局
〒530-0035 大阪市北区同心2丁目1番26号

  • Facebook Social Icon

Copyright © 2019 日創研大阪経営研究会 All Rights Reserved.

会長方針
2020年度 日創研大阪経営研究会
会長方針

日創研大阪経営研究会 会長 永田順一

【会員企業100%黒字化実現への挑戦】
~自分の原点を見つめ、自分が源になり実践しよう〜


私は子供のころから父が経営する会社の仕事を見ながら育ちました。時には現場で当時の社員さんに紛れてお手伝いをする事もありました。もう四十数年前の事です。そして、平成3 年の夏に父の会社に入社させていただき、今日まで
28 年間仕事をさせていただいております。自社が携わる小さな業界でもこの間に大きく変化しました。軸となる商品こそ大枠では変化しておりませんが、商品の流通の仕組みやサービスの内容、お客様やそのニーズなども大きく変化して
います。その様な視点で業界や自社を分析できるのも本部研修や大阪経営研究会で学ばせていただいているからだと確信しております。
田舞本部会長は、2020 年度田舞本部会長方針の冒頭にて「色々な激変を体験してきましたが、最も深刻なのが今からの時代です」と述べておられます。近年の人手不足や働き方改革への対応も中小企業の業績に直結する問題ですが、異
業種からの新しい技術を活用したビジネスモデルの参入や既存ビジネスモデルの革新は、私たちのビジネスモデルに深刻な影響を及ぼすと予測するのは容易です。
だからこそ、自社の未来を明確な経営計画書に落とし込み、「業績を上げて永続させていくためには大阪経営研究会が必要だ」と会員の皆様に言っていただける会創りに邁進いたします。
業績の向上を目指すにあたり、自分一人でなし得るという事は稀ではないでしょうか。そこには共に働く社員さんや協力して下さる仲間、パートナーがいらっしゃいます。その方々が会社や自身の理念に共感して下さり、同じベクトルで
実践することが必要です。先ずは自身が理念を学び、深堀して落とし込み、関わる皆様に浸透させていく事が重要です。そのために月刊「理念と経営」や「13 の徳目」などの公式教材を活用して実践していきましょう。
近年の例会参加率は上昇傾向にはありますが、まだまだ「お願い」して参加いただいている現状もございます。そしてこの先の状況を踏まえると例会の参加のみで業績を上げていく事は困難になってくると感じております。日創研経営
研究会設立の精神にもある通り「可能思考教育を学んだ志のある経営者が集う会である」という観点からも学び続けていく事が必要であります。本部研修の受講と経営研究会での学び、そしてその学びを自社で実践していく事が業績向上
には必須であり、その実現による成果が「入会して良かった」という活性化した会になるのです。だからこそ自社の幹部や社員様、仲間やパートナーにも共に学んでほしいと願うのではないでしょうか。日創研経営研究会設立の精神や理念
を十分にお伝えした上で、そこに共感いただける方々を共に学ぶ仲間としてお迎えしましょう。
私は可能思考教育の中で「自分が源」という言葉と出会いました。これは人と組織との関わりにおける原点であると私は考えております。経営研究会には運営を司る方も必要ですが、所属している会員の皆様全員が主役です。皆様が会で
の学びに積極的に関わりを持ち、全てを自分事としてとらえるからこそ、「もっとこうしたらいいのに」という改善提案が出てくるのではないでしょうか。また会の運営に携わる皆様もそういうご提案を受け止め、改善をしていくことでよ
り活性化した会になるのです。この相互のコミュニケーションがより深い情報共有にもつながり、「学ぶ」という観点での情報共有が自社の業績により良い影響を与え、会員企業黒字100%の実現に繋がると確信しております。
強い志を持った経営者・経営幹部・社員様が集う大阪経営研究会を最大限ご活用いただき、自発的な行動で業績向上を目指しましょう。
 

委員会の役割
【経営戦略委員会】
● 会員への経営計画書作成の推進(2 月例会・5 月勉強会)
● 経営戦略に関する会員相互の発表会の開催 (7 月例会)
● 全国経営発表大会の運営参加及び会員への参加促進

 

【経営理念委員会】
● 経営理念の会員相互の発表会の開催(6 月例会)
● 経営理念に関する例会の開催(10 月例会)
● 東京特別研修への参加及び会員への参加促進

 

【ありがとう経営推進委員会】
●「理念と経営」フリーディスカッション例会の開催(11 月例会)
● 社員満足、育成につながる例会の開催(4 月例会)
● 会員における公式教材の導入・活用推進と実践
● 13 の徳目朝礼大会への参加

 

【組織活性化委員会】
● 会員への本部研修受講の促進と実践
● 組織活性化に関する白熱教室の開催(8 月例会)
● 3 月25 日全国同日例会の取りまとめ
● 全国大会への参加及び会員への参加促進

 

【総務会員拡大委員会】
● 総会・理事会の開催(総会2 月・8 月・12 月、理事会月1 回)
● 大納会の開催(12 月例会)
● 新入会員の入会促進及びオリエンテーションの実施
● 会員への案内・報告等の発信

 

活動方針
 全国経営発表大会の開催と会員の経営計画書作成及び大会への参加促進
 本部研修への参加促進と会員の正会員化の促進
 全国大会、東京特別研修への参加促進
 公式教材の導入100%を目指す
 「一つの理念」「二つの目的」「三つの誓い」に共感いただける新入会員20 名のご入会を目指す
 業績アンケートを活用した支援体制の構築と会員企業100%黒字への実践
 理事・役員による学びの率先垂範
 本部レクチャラーを最大限活用する
 例会出席率80%を目指す